ストレスは発散するもの!
うつとの関わり方“克服”

うつ病になると、常に「だるい」「やる気が出ない」という状態になります。しかし、うつ病を患う人の中には躁状態という異様に元気な状態を持つ人も多い為、一重には気付きにくいといわれています。

一般的な克服方法としては、精神科に行ってカウンセリングを受けたり薬を貰うという方法です。
ここで、初めて精神科にかかる方の中には“心療内科”と“精神科”の違いは何なのかというのに悩んでしまう人もいるかもしれません。
そもそも、“精神科”というのはその言葉の意味通り精神的疾患、つまり心の病気を専門に扱う科をいいます。
ここでいう心の病気は、何か問題に対する不安から不眠やイライラといった不安定や、幻覚や幻聴、そして妄想もいうのだとか。妄想って心の病気だったんですね。
確かに、簡単にいえば現実逃避ですからそれもそうかもしれません。
その心の病気を扱うのが精神科医という専門家です。
そして、“心療内科”はこの“精神科”をもっと馴染みやすく言い換えたものだといいます。
「“精神科”に行きなさい。」と言われると、いかにも自分が危ない人間なのではないか、普通ではないんじゃないか、と感じてしまう事から敷居が高く感じますよね。
そこで、少しでも患者行きやすく、診療を受けやすくなるようにと“心療内科”というようになったそうです。

さて、ここで1つ訂正しておかなくてはならないのが、うつ病=心の病気というものではないという事です。
実はうつ病は、脳が感じているストレスの体現化であるといいます。
ではなぜ“精神科”や“心療内科”に行くのかといいますと、要は悩みを打ち明ける事で真の原因を追及。脳を納得させて休ませてあげる事が大事なのだといいます。
なので、克服方法として一番効果的なのはやはり病院に行く事。
しかし、看護師であればなかなか行く時間も確保できないでしょう。そういった場合には、1人でもいいですから相談出来る人を確保しておくのが効果的です。
http://medical-counselor.com/
こういったサイトも参考にしてください。1人でもできるストレス解消法があれば、ずいぶんと楽になるものです。)
自分の悩みやイライラを理解してくれる人が1人でも居てくれていれば、常に心の悩みを打ち明ける事ができ、うつの症状を少しでも解消する事ができます。
また、何でもいいですからストレスを解消する為の手立てを知っておくといいですね。カラオケに行くとか読書をするとか何でもいいのです。
要は、自分の気持ちが爆発しないようにする事が大切。うつ病をまずは防止する所から始める事が大事であるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>