ストレスは発散するもの!
看護師にとって良い職場とは

● 看護師にとってよい職場とは

 看護師をしていて「看護師でよかった」と思える瞬間は、患者さんの笑顔と自分の成長を感じた時だといいます。
 看護師の仕事は、白衣を着て素敵な笑顔をもち、患者の命を救う素晴らしい仕事です。それと同時に、体力がいる夜勤や人の生死にかかわる緊張と高いストレスの中働き続けなければならない大変過酷な仕事でもあります。
 看護師にとって「よい職場」とは、どんな職場でしょうか。それはただ、給料が高いからとか楽だからという条件だけではありません。現場で働いている人の多くは「必要とされていることを強く感じた時」、「患者さんの回復を助けることが出来た時」「自分自信の成長を強く感じた時」「患者さんやご家族の方から感謝の言葉をもらった時」に「看護師をしていてよかった」と強く感じるそうです。

 「自分自身のスキルアップをめざし、成長していく喜びを感じることが出来る職場」
 「自分の持ち味や良さを発揮できる職場」
 「自分の家族も大事にしながら働くことが出来る職場」
 「何より患者さんを笑顔にできた喜び」

 これらのやりがいや生きがい、喜びを味わえる職場が「看護師にとって良い職場」と言えるのかもしれません。
 けれども、「やりがい」というものは、毎日元気に稼ぐことが出来て初めて感じるものです。毎日疲れがたまり、いつ倒れてしまうかわからないような勤務の中では、毎日の仕事をこなすだけで精いっぱいです。
 「やりがい」を強く感じながら、生き生きと働いていくためには、基本的な労働条件の充実や保障も大切です。

 このサイトでは、「看護師さんにとって良い職場とはどんなところなのか」、「看護師さんたちがもっと働きやすい職場になるためにはどうしたらよいのか」ということについて考えてきたいと思います。
 
● よりよい職場の実現のために

 看護師さんの「働きやすい職場の条件」として、以下の5点について掘り下げて考えてみたいと思います。

(カテゴリ)
① スキルアップ支援の保障
② 労働条件が良い
③ 福利厚生施設の充実している
④ 人間関係が良好
⑤ 転職で好条件の職場へ転職

 患者さんへ100%の看護を続けていくためには、やはり看護師さん自身の生活も充実していることが最も大事です。「患者の命を守る看護師だからこそ」毎日元気で生き生きと働ける職場であってほしいと強く思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です